Rocketstart.jp はもうここではありません。 代わりに、rshd.co.jp を試してください。

将来のITと人事雇用

一昔前までの採用では、仕事の応募者と採用者が主に1対1で起業側が利用できる情報は履歴書と面談のみでした。しかしITとテクノロジーの進化でこの流れは変わりました。一クリックで多くの企業に履歴書を送れるようになり、一度に多くの会社から連絡が届きます。遠隔面接も可能になったことに伴い、たった一度のアクションでよりたくさんの人々が雇用までにより多くの情報を判断材料としながら関わるようになってきました。

転職のhow to人事が語る!良い企業を見分けるには〇〇を見ろ!

この映像では検索順位により企業の懐具合が分かると言っています。ITが発達したことにより、考え違いを防いでくれる情報をますます得やすくなっています。

才能を持った人物がどこにいるのか、どの様な経験を持ちどのような仕事を求めているのかを可視化することも可能です。それに将来、応募者が入社後を再現したような体験やトレーニングを積むことが容易になる可能性もあります。

疑似体験は、ミスマッチなどを格段に減少してくれる大変重要なものとなっていきます。ITの進化は個々の性格や能力に合った会社探しの手助けをしてくれるのです。